16_patapata_02
16_patapata_03
16_patapata_01

PATA-PATA

かたちの自由なテーブル脚

現在、生活空間では間取りや家族構成まで多様な様式に細分化されています。また生活様式やそれに付随する家具なども時間を経て成長する家族に合わせ変化が必要とされるシーンもあるのではないでしょうか。かつての日本の住文化のように限られたスペースを柔軟に使い、変化のある快適な空間を構成することができるテーブルの脚をデザインしました。今ある生活の中に入ることができ、単一の規格の脚に天板を加えることによって成り立つテーブルの姿を考えました。より多くの人に利用されシンプルで長く愛着の持てるデザインを心がけました。台として必要な最低限の構成要素で成り立つ、三脚で一体となった脚に天板を乗せることによってテーブルとして機能します。稼働する脚の開く角度を変え、一脚に丸い天板を乗せればカフェテーブルに、二脚使用し大きめの天板を乗せればダイニングテーブルに、壁に寄せればデスクにと、使用したいシーンに応じてアレンジする事ができます。また折り畳んで収納することも可能なので、公共施設での保管や商業施設でのディスプレイ、ガレージに収納し必要に応じて使用するなど様々なシーンでの設置が可能です。

YEAR: 2013
MATERIAL: Wood
CLIENT: Proposal